圧迫骨折を知って迅速な対処|腰痛に御用心

耳の神経にできる腫瘍です

カウンセリング

聞こえに不具合が生じます

聴覚は聴神経が内耳と脳をつないで物音を認識させています。聴神経は二種類の神経で構成されていて、音の情報を伝える蝸牛神経とバランス感覚を司る前庭神経があります。この聴神経に腫瘍ができる聴神経腫瘍という症状は耳鳴りやめまい、難聴の症状を引き起こします。内耳周辺には三半規管や顔面神経が存在しており、聴神経腫瘍によってめまいによる吐き気や顔面の引きつりや痛みが伴う場合もあります。腫瘍が脳に近い位置で発生すると脳を圧迫し、脳腫瘍やさまざまな後遺症に至るケースもあります。耳に関する症状が現れた場合には早期に耳鼻咽喉科を受診し、画像検査を受けましょう。腫瘍の位置や大きさを確認しながら今後の治療方針を検討していきます。

治療方針を定めましょう

聴神経腫瘍ができるとエックス線やMRIなどの画像検査と共に聴力検査を行います。片方の耳だけ極度の聴力の異常が認められるとより精密な検査を行います。その他の診断方法として、頭部に電極を埋め込む聴性脳幹反応検査や冷水を外耳から注ぎ眼球振盪が起こるかを調べる温度眼振検査があります。これらの検査によって聴神経腫瘍の大きさや位置が把握できたら、腫瘍が小さいうちに摘出手術を行いましょう。場所によって摘出が難しい場合、放射線治療と並行して行われます。聴神経にできる腫瘍は大半のものが良性のため、高齢者など体力がない人や進行が比較的緩やかな場合経過観察を行う場合もあります。リスクのある手術を行う前には専門医としっかりとした治療方針を定めていきましょう。